2005年05月29日

東方想月綺で戦闘アニメが実現された件について

注:この記事はそのシナリオに対する感想ではありません

東方想月綺というSRC作品があります
この作品はプレイしていないのですが、SRC作品には珍しくムービーが見れたりします
そこで、そのムービーを再生してみたのですがこの作品には
戦闘アニメが挿入されていて(マップ上だけのでなく、しっかりとした全体絵の)
割と古い作品のスパロボ作品は軽く超えているような戦闘アニメが作られていました

しかし、この戦闘アニメ実は結構曲者で
PCのスペックがあるていど低ければ、まったく動かなかったり重くなったりします
実はこれが戦闘アニメを再現する際に一番の問題点なのです
ちなみにおそらくCPUが2GHlzならたぶんちゃんと動いてくれると思います

ただ、やはりちょっとSRCに戦闘アニメが登場するのは
もうちょっとスペックが高いCPUが出来てからのほうが良いかなぁ、とは思ったりします
 
posted by ストライブ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SRC時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

SRCでも役に立つかもしれないサイト様

ライトノベル作法研究所 オンラインでの小説上達研究の場

ライトノベルを書くという作業と、SRCのシナリオの部分って
結構似通ってると思うんでこういうサイト様とか役に立つのではないだろうか
ただ、私自体少ししか読んでないのでまだ分からないけど
 
posted by ストライブ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

このブログなのですが

気が向いたら更新します
気が向かなかったら更新しませぬ
 
posted by ストライブ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

シナリオ感想 蒼い血

このシナリオは1.6時代の古いシナリオなのですが、これぞSRCの真骨頂というような
感じの作品だと思います、とにかく参戦作品のキャラとか作品の内容とか
関係なしに進んでいく秀逸なストーリーがいい感じです
さらに、殆どの方が成し得ていない巨大作品と等身大作品の共闘を
この作品はほぼ自然な感じで仕上げてあり、一見の価値ありです

ストーリーは主人公達は大切な誰かを奪われて、それを奪ったものたちへの復讐がメインで
敵どおしの戦いや、ややこしくもキッチリと描かれている敵陣営など見所が沢山あります
個人的には北斗の拳のキャラが凄く生かされてたと思う作品でした
 
posted by ストライブ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCシナリオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

シナリオ感想 カニバリズマー

この作品はオリジナルの等身大の作品で、退魔系と呼ばれるジャンルの作品です
この作品は戦闘は基本的にパズルの要素が強くて、状況によって分離していきます
と、いうかまず普通に一発でグッドエンディングを見るなんてまず無理です
必ずといって良いほどバッドエンド直行だったりするんですが
それを行なっていくことによって話が分かっていく、という感じでしょうか
戦闘バランスは可も無く不可も無く、良い感じのバランスでびっくりするほどの苦戦は無いでしょう

次に、シナリオ自体の内容になりますが伝奇系という感じになるのでしょうか
食人鬼という題材を上手く料理している感じがします
ただ、ちょっと矛盾というか辻褄が合うかどうか分からない部分があって
これは作者さんに直接メールをするかどうかまで迷った疑問なのですが
これの続編のあやあやなで意外な真実が判明するのですが
それによって最初に登場したカニバリズマーが食べた肉は人肉ではなく
カニバリズマーの肉ってことになり、結局は人肉ではないのでパワーアップできないのじゃ
無いのか、と思ったんですがどうなんでしょう?
 
追記
記述に私の誤解があったので、訂正
あと、作者さんにカニバリズナーが人間以外の肉を食べてパワーアップしたのか
ということについて説明を頂きました
カニバリズナー自体は、捕食の対象が自身が想っている対象であればあるほど
強い力を発揮するとのことです
そういえば、確かにそんな感じが……、私の理解不足でした
posted by ストライブ at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCシナリオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

シナリオ感想 夢を照らす光

このシナリオは主人公がマシーナリーという傭兵になって、運命に巻き込まれていくという
巨大ロボット系の作品で、作者さんは違う意味で話題に上がりやすい(って何気に失礼かも)
GAMEMASTERさんの作品です

さて、肝心の感想はといいますと伏線段階の話が長くてちょっと余剰気味ですが
最後の最後に大どんでん返しがあって正直な話ビックリしました
ゲームバランスはというと、シナリオの味をバランスの方面からも出そうとしてるから
かもしれませんが、ラスト以外はかなりぬるめになっています
と、いうかぬるめのバランスが好きな私が言うのも何ですが凄くぬるいです

最後に、この作品に出てくる駿河本祐子ってあれからどうなったんだろう
死んだ訳じゃないんだろうけどー、エピローグに出てこなかったしー
 
posted by ストライブ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCシナリオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

SRCの作り方2 マップを作ろう

SRCを作る際に次に必要なのがマップです
これとデータがあると、アイコンが無かろうがMidiが無かろうが
問答無用でプレイできます
まあ、アイコン無いと沢山ユニット出す時困るんですけどね……

マップの作り方は、SRC本体に含まれてるマップエディタで編集して作ります
正直な話、慣れると他のデータなりアイコン製作とかの作業よりも
速く製作することができます
それほどに割合マップは直ぐに作れるのです
ただ、等身大用(人間が出てくる)のマップは作るのが少々手間取るかもしれません
が、ちゃんと作られていれば基本的には大丈夫です

マップのサイズは変更しない方がいいでしょう
マップのサイズを変更されることを嫌がるプレイヤーの人は結構いるみたいなので
 
posted by ストライブ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

シナリオ感想 クレイジードリーム

まず始めに言っておきます、私はカオスルートよりエンドルートの方が好きです
これだけでは、何の事だかさっぱり分からないと思いますので説明すると
このシナリオ「クレイジードリーム」には2つのルートが存在します
エンドルートとカオスルートという2つのルートなのですが
エンドルートの方が物語としては筋が通っていて好きであります
まあ、カオスルートも嫌いでは無いのですが

さて、シナリオの内容なのですが話の内容は飛び飛びな部分があったりしたり
説明不足なのは否めなかったりするんですが、キャラクターの造詣がしっかりしていて
しかも、作者さんのオリジナルアイコンなので
より一層愛着が持てるキャラクターになっています
メカの方は無駄な設定は一切無く、分かりやすくて
尚且つ戦闘が楽しめるように工夫されてると思います
戦闘バランスもあっさりめで、難しい戦闘が嫌いな私には凄くうれしい仕様になっていました
オリジナルの作品の中では荒削りながらも、優秀な作品だと思います
 
posted by ストライブ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCシナリオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SRCの作り方1 データを作ろう

SRCを作る人間っていうのは意外に少なく、その作業は意外に大変なモノです
が、難しいのはお話を作るのとアイコンを作るのぐらいで
他は作り方を覚えれば、割合なんとかなります
まずはデータを作ることから始めなければなりません
これが無いと、いざ話を作ってそれをEVEファイルにした所で
テストプレイが不可能になります

作り方は基本的にヘルプを見ながら作ります
その際、困った事があれば掲示板で質問するよりも
まずヘルプを熟読してから質問しましょう(最低100回は読みましょう)
ついでに私はSRCの掲示板で一度も書き込みをしたことが無いので
殆どがヘルプだよりでした(一部だけ某シナリオ作者さんに助けてもらった事がありますが)

なお、サウンドノベル系の戦闘が一切無いシナリオを作りたい場合は
非戦闘員データ(non_pilot)に登場させたいキャラを記述するだけで作れたりもします
 
posted by ストライブ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

SRCのシナリオとは何ぞや?

さて、ここのブログをごらんの方々はSRCの「シナリオ」とは何ぞやという
質問が一番先に出ると思うんですが、このシナリオとは
SRCというプログラムの中で動くソフトみたいなモノで
SRC本体とそのシナリオと両方ないとゲームをプレイできなかったりします

で、シナリオを動かす訳ですがこれがややこしい
ちゃんとSRCを起動して正しいファイルをクリックしなければプレイできなかったりします
まあ、大体は01とかスタートとかそれっぽい名前のファイルを起動すれば
大体のシナリオはプレイできます

まあ、一番最初にプレイするならば
「オリオン攻防戦記ハイペリオン2を問答無用でお勧めいたします
あ、ついでにこのシナリオ年齢制限シナリオなので18歳以下は普通にプレイ禁止であります
よってこのシナリオは普通のシナリオが集まってる場所で探しても無駄ですので
 
posted by ストライブ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | SRC全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういえば

ここ見てる人ってSRCって何か分かりますか?
分からない人はまずは公式ページに飛んでみて下さい

SRC (Simulation RPG Construction)
 
posted by ストライブ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SRC全体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シナリオ感想 PandaTravelStrangeDays

すんません、こんなところに来て白状します
電波シナリオ大好きです私、いやほんと
この人(達?)が前に作られたスーパーロボット大戦PTSDなんて凄く大好きです
本人達が明らかに自覚して電波な作品を作ってるとは普通は中々出来ません

しかし、電波作品とはいえ前作PTSDよりはしっかりとストーリーが作られていました
が、正直な話PTSD並みの電波を体感したい人がいるならば、この作品は少々キツイです
っていうか明らかに前の作品より一般向けに作ってあるので電波少な目です
個人的な感想をいえば残念でならないのですが、それでも非常に楽しめた作品でした
 
posted by ストライブ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCシナリオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シナリオ感想 ピアと僕

このシナリオはあの宝島の作者さんの作品で
例の3作品とは世界観を共有していないというちょっと珍しい作品なのかもしれません
で、プレイしてみてですが、シックスセンスと同じ持って行きかただなー、と
つまりオチが命な訳です、ということでネタバレは出来ませんが
鬱シナリオフェチな私にはかなりのツボに来る作品でした

戦闘バランスはかなりギリギリに出来ていて
私はさほど苦戦はしなかったのですが、やはり苦戦したプレイヤーさんはいるとのこと
温存タイプが結構このシナリオでは得、かもとは思いました
 
posted by ストライブ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | SRCシナリオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして&簡単なプロフィール

はじめまして、ストライブと申します
現在、http://www7a.biglobe.ne.jp/~str17/ にSRCの製作をやっておりますが
シナリオ登録も積極的に行なっておらず、あまり目立った奴ではありませぬ
が、皆様の気を許すならばごゆるりとご付き合い下さいませ
 
posted by ストライブ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。